よくあるご質問(子供)

子どもの矯正治療FAQ
お子さんの矯正治療のタイミングって?

子どもの矯正のタイミングと治療期間

「何歳くらいから矯正治療をはじめられるの?」
「3歳の子が受け口気味。矯正は必要?」
「抜歯はしないといけないの?」
お子さんの歯並びやおしゃぶりの癖など、気になることはありませんか?小児矯正のよくある質問をまとめました!

1. どんなときに矯正歯科に相談に行けばいいですか?

Answerお子さんの歯並びや顎の成長で気になることがあれば、お気軽に矯正歯科医院にご相談ください。
例えば、3歳や5歳頃に市町村が実施する歯科検診で「不正咬合」と指摘されて、どうすればいいかわからない方や不安な方、永久歯(大人の歯)に生えかわっている途中でお子さんの歯並びが気になりはじめた方など、矯正歯科医院に相談してみましょう。

 

2. 何歳くらいに矯正治療をはじめればいいですか?

Answer小児矯正は、上下の顎の骨のバランスや大きさを整えて、永久歯がきちんと生える準備をする治療です。主に、乳歯の頃、あるいは乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期に行います。
治療をはじめるタイミングは、歯並びによって違います。早い治療が望ましい症例は3歳〜6歳から、その他は6〜10歳くらいまでと様々なので、まずは矯正医に診てもらいましょう。
例えば受け口で舌の位置が低いお子さんの場合、お口の筋力がアンバランスになって下顎が上顎よりも成長しやすくなる場合があります。こういった癖を3歳〜6歳の早期に取り除くことで、ブラケットやワイヤーなどの固定装置を使用せずに、発育ととも受け口を改善する方法もあります。

 

3. 矯正装置は大人と同じですか?抜歯はしますか

Answer

お子さんの顎の成長の状態や歯並びによって、治療法も装置も変わります。小児矯正のメリットは、大人が矯正するよりも、抜歯をしないで治療できる可能性が広がり、治療後に再び歯並びが乱れる後戻りを最小限に抑えられることです。
装置の種類は、顎を広げるための「拡大装置」や上顎の成長を抑える取り外し式の「ヘッドギア」などいろいろなタイプがあります。また、大人の矯正と同様に歯の表面に接着する「ブラケット」・「ワイヤー」を使うこともあります。

拡大装置
▲ 拡大装置
ヘッドギア
▲ ヘッドギア
ブラケット
▲ ブラケット

 

4. 子どもの矯正の治療期間はどのくらいですか?

Answer小児矯正には、「第一期治療」「第二期治療」があり、顎の成長や歯並びによって、治療法が分かれます。このため、治療計画によって治療期間は変わります。


第一期治療の場合 : 乳歯・乳歯と永久歯がまざった混合歯列期に、永久歯がきれいに生えるように顎の成長やバランスをコントロールする治療です。歯並びによりますが6〜10歳くらいに治療を開始して、治療期間は10ヵ月〜1年半が目安です(乳歯期の受け口など一部3〜5歳)。
第一期治療が終わった後、永久歯が生えそろって第二期治療をはじめるまで、数年待つ場合もあります


第二期治療の場合 : 永久歯が生えそろったあと(顎の成長が終わったあと)に行う治療です。中学生以上が目安です。歯にブラケットとワイヤーをつける歯列矯正などがあります。第二期治療は、基本的に成人の矯正治療と同じで、治療期間は1年半〜2年半程度です。

小児矯正のしくみ

 

5. 料金はどのくらいかかるのでしょうか?

Answer第一期治療と第二期治療でわかれている小児矯正の費用は、使用する装置や症状によって異なります。例えば第一期治療では約20万円〜60万円第二期治療では約25万円〜65万円と幅があります(※第一期治療と第二期治療の両方を行なった場合)。
顎の成長や歯並びによって、第一期治療で終了する人もいれば、第一期治療終了の数年後に第二期治療を行う人もいるためトータルの治療費には差が出ます。

なお、料金の計算方法や支払い方法は、医院によって異なります。装置代や通院ごとの処置・治療費が全て込みになっている「総額制」や、通院ごとに処置・治療をした内容分の料金を請求している場合もあります。ご契約をする前に、治療が終わるまでの予測期間や、トータルの治療費の目安をよく聞いておきましょう。

よくあるご質問(大人)

大人の矯正治療FAQ
大人の矯正治療諦めていませんか?

大人の矯正治療あきらめていませんか?

「小さいときに矯正できなかったけど、今からキレイになりたい!」
「余裕がある学生のうちに矯正治療を済ませたい!」
「できるだけ長く健康な歯を保ちたい!」

大人になってから矯正治療に興味をもった人も多いでしょう。
成人矯正についてよくある質問をまとめました!

1. 矯正治療に年齢制限はありますか?

Answer「治療したい」と思い立ったが吉日です。
年齢制限は特にありません。お子さんから50歳以上の人も矯正治療をすることができます。
最近は「口元の美しさ」への関心が高くなり、「もっとステキな笑顔になりたい」、「昔は個性といわれた八重歯だけど、汚れが溜まりやすいし、今はキレイな歯並びなりたい」といった、さまざまな思いを胸に、矯正治療をはじめる大人が増えているんですよ。

 

2. 周囲の人に気づかれにくい治療方法はありますか?

Answer透明なブラケットや裏側矯正、マウスピース矯正などがあります。
歯の矯正というと、歯の表側に金属のワイヤーとブラケットを装着する治療方法が代表的ですが、最近では白色や透明の目立たない素材でできた装置や、歯の裏側につける裏側矯正、取り外しのできる薄くて軽い透明なマウスピース矯正など、いろいろな装置・治療方法があります。
患者様のライフスタイルや希望に合わせて治療方法を選べるのが成人矯正の魅力ですね。

裏側矯正装置
▲ 裏側矯正装置
審美ブラケット
▲ 審美ブラケット
マウスピース矯正
▲ マウスピース矯正

 

3. 虫歯や歯周病、歯が抜けている人もできますか?

Answerお口の状態に合わせて矯正治療のプランを立てて治療できます。
まず、矯正装置をつける前に虫歯や歯周病の治療を済ませます。けれども、矯正歯科に相談するタイミングは決して虫歯や歯周病治療後でなくてもかまいません。むしろ、最初に矯正歯科医のもとへ受診されることをおすすめします。キレイで健康な歯になるための、歯科治療のコーディネーターとして相談すると良いと思います。
過去に虫歯治療で抜歯して歯が数本ない人や、ブリッジ・クラウンなどの人工歯をつけている人も矯正治療はできます。例えば、抜けているスペースを利用して歯をキレイに並べたあと、人工歯のインプラントを埋め入れて、顎全体のかみ合わせ治療をする方法などもあります。

 

4. 過去に矯正した歯並びの再治療はできますか?

Answerはい、できます。症状によって通常より短期で終わる場合もあります。
一度治療が終わった歯並びでも、年齢の経過とともに後戻りが起きる場合があります。成人矯正は、こういった後戻りした人も対象です。 あきらめずに矯正歯科医院へご相談ください。

 

5. 歯は必ず抜かなければいけないのでしょうか?

Answer抜かない選択もあります。
歯並びによっては、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。
歯並びによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。医院によっては治療前の診断で、治療後の仕上りを再現した予測模型(セットアップモデル)をつくったり、3Dシミュレーションをして、仕上がりの違いを説明するところもあります。治療方法によるメリットやデメリットよく聞いて、一緒にご希望に合ったプランを検討し、決めていきましょう。

 

6. 昔から歯医者さんが苦手で質問や希望をうまくいえません…

Answerより良い治療のために、我慢しないで担当医に質問しましょう!
カウンセリングだけでなく、治療中や治療後も、歯について気になることがあれば、悩まずにどんどん質問しましょう。
うまく言葉で伝えられなくてもかまいません。不安や疑問に思っている気持ちを伝えれば、矯正医もきっと患者様に応えてくれるでしょう。医院を選ぶときは、取り扱っている装置や治療費だけで比較しないで、実際に自分の治療を担当する矯正医の経験や相性、信頼性も大切なポイントです。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る