予防歯科プログラム(PMTC) 予防歯科プログラム(PMTC) 予防歯科プログラム(PMTC)

定期検査とクリーニング

 

歯周病やむし歯を予防し、あなたのお口の健康を保つためには定期検診が大切です。定期検診では口腔内の診査と専門的なクリーニングや予防処置、口腔衛生指導を行い、患者さんが一生健康な歯を保つ事ができるようお手伝いいたします。

 

どうして口腔内衛生は大切なの?

健康な歯を保つことは一生あなたの健康を維持するためにとても大切です。そのためにはご家庭での毎一の歯磨きやデンタルフロスの使用は重要なことですが、今後起こりうる疾患を未然に防止し、また起こってしまった疾患を早期に発見するためにも定期検診が必要です。

 

定期検診時の口腔診査には次のようなものが含まれています。

●むし歯の診査

●歯周組織の診査

●かみ合わせの診査

●口臭の原因の検査

 

定期検診時の予防的処置には次のものが含まれています。

●歯周病予防のためのプラークと歯石の除去

●むし歯予防のためのフッ素塗布やシーラント処置

 

いつから定期検診を始めたらいいの?

お口の中に歯が生えたら定期的に歯科医師のチェックを受けることが望ましいでしょう。早い時期から定期検診を行うことにより、おrさんの口腔衛生管理が習慣化します。

 

どのくらいの頻度で定期検診を受ければいいの?

患者さんの年齢や口腔内の状態によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月の間隔で定期検診を行うことが望ましいでしょう。

 

ブラッシングの正しい方法は?

1 歯と歯ぐきの境に毛先がふれるよう、45度の角度で歯ブラシを歯に当てます。

2 小さく円を描くように歯ブラシを前後に動かします。

3 毛先を歯と歯ぐきの境にあてるように注意しながら上の歯と下の歯の外側(唇側、ほっ  

  ぺ側)をすべて磨きます。

4 同じような動作で内側(ふだん舌がさわっている側)も磨きます。

5 前歯の内側を磨くには歯ブラシを縦に使い、歯ブラシの頭の部分をゆっくりと上下に

  動かして磨きます。

6 奥歯の食べ物を噛む面もくまなく磨きます。

※上記は一般的に行われている方法です。忠者さんの口腔内の状態によって歯ブラシの硬さ、最適な磨き方に違いがありますので歯科医師に相談して指導を受けてください。

 

デンタルフロスでどうやってプラークを取り除くの?

プラークは虫歯や歯周病(歯ぐきの病気)や口臭のいちばんの原囚ですが、デンタルフロスを使って次のような方法でプラークを取り除くことができます。

1 45p位のデンタルフロスを手に取り両端をそれぞれ右と左の中指に巻き付けます。

2 左右の親指と人差し指で2.5pほどの長さにデンタルフロスを張りつめ、ゆっくりと前歯の場合は前後、奥歯の場合は左右に動かしながら歯と歯の間に滑り込ませます。デンタルフロスを勢いよく歯ぐきに食い込ませ、必要以上に刺激しないように注意します。

3 デンタルフロスが歯ぐきにふれたら、軽い手ごたえがあるまで歯のまわりにそわせます。

4 歯のまわりにそわせた状態でデンタルフロスを上下に(歯ぐきから遠ざかる方向に)ゆっくりと動かします。

5 この方法をそれぞれの歯につき手前と奥の両側とも繰り返します。

※上記は一般的に行われている方法です。患者さんの口腔内の状態によって最適なフロッシング方法に違いがありますので歯科医師に相談して指導を受けてください。

 

歯科医や歯科衛生士による定期検診はもちろん大切ですが、ご家庭での口腔内の健康管理も大切です。歯ブラシやデンタルフロスなどを用いた口腔清掃の他に規則正しい生活やバランスのとれた食事なども重要です。

 

次の定期検診までの間にどうやって口腔衛生を保てばいいの?

毎日の歯磨きやデンタルフロスによる口腔清掃とバランスの良い食生活を心がける事が大切です。

 

 終わりに…

 口腔衛生管理を行い、バランスの取れた食事を心がけることはあなたの健康をベストな状態に保つため

 に最も大切なことです。毎日の歯磨きとデンタルフロスによるケアのほかに定期検診を受けることでむし

 歯や多くの問題を予防することができます。私たちのゴールは輝く笑顔を一生保ち続けるためのお手伝

 いをすることです。

 

 

幸せは健康な笑顔から

 

食事とお子さまの歯

 

歯の表面にはつねに「歯垢(しこう)」と呼ばれる細菌を含んだ粘り気のある膜が形成されています。この歯垢細菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖やでんぷんと反応して酸を作り出します。酸は歯の工ナメル質を攻撃します。この攻撃が続くとエナメル質が破壊され虫歯になります。

過度の間食はいつも歯を酸からの攻撃にさらすことを意味しています。歯も含めた全身の健康を維持するため、主要な食品群をバランスよく取り入れた食事を摂ることが大切です。

砂糖が添加された飲料や栄養のないスナック菓子などの与え過ぎが、お子さまの歯に悪影響を及ぼすことを忘れないでください。間食が必要なお子さまには、栄養価の高い食品を選んで与えるよう心がけましょう。

 

笑顔はいつも爽やかに

 

歯と歯肉の健康維持には、13回の歯みがきと、歯間清掃が欠かせません。

2歳未満のお子さまの場合、歯科医師から特別な指示のない限り、水をつけた歯ブラシだけでみがいてください。

2歳以上のお子さまには、豆粒大のフッ化物を含む練り歯みがきを使用します。ただしお子さまが歯みがき剤を飲み込まないように注意し、歯みがき後に必ず吐き出すよう指導してください。

7歳ごろまでには自分で歯みがきができるようになりますが、1011歳くらいまでは保護者の指導が必要です。

●歯ブラシはお子さまに合った使いやすいサイズのものを選び、34か月ごと、あるいは磨耗した場合にはすぐに新しい歯ブラシと取り替えてください。

 

フッ化物の効用

 

フッ化物はミネラル(無機物)の一種で、歯を丈夫にし、虫歯を予防します。そのため、フッ化物含有の練り歯みがきやサプリメントがたくさん市販されています。自宅でボトル入りの精製飲料水を常用している場合、あるいは家庭用の水処理システムを利用している場合、かかりつけの歯科医師にその旨を告げてください。フッ化物摂取の必要性について、歯科医師に相談しましょう。

 

シーラントによる虫歯の予防

 

シーラントは、奥歯の咀嚼面の溝を埋めるプラスチック製の材料です。これがバリアとなり、歯垢や酸による攻撃から歯を守ります。1本の歯にシーラントをつめる処置は、わずか数分で終了します。シーラントが剥がれ落ちない限り、歯の表面は虫歯から守られています。シーラントは通常の咀嚼から受ける圧カに対しても十分に耐える強さを備えているため、通常数年間は取り替える必要がありません。定期検診の際に歯科医師がシーラントの状態をチェックし、必要に応じて再処置を行ないます。

 

デンタルフロス

 

デンタルフロスや歯間ブラシを用い、歯ブラシが届かない歯と歯の間にたまった歯垢や食べ物のカスを取り除きます。デンタルフロスによる歯間清掃はかなりむずかしいので、保護者の指導のもとで1011歳ごろから自分でできるようにするとよいでしょう。正しい歯みがきと歯間清掃の方法については、歯科医師または歯科衛生士にご相談ください。

 

定期的な歯科検診の重要性

 

歯科医師による定期的な検診、ならびにクリーニングやフッ化物塗布などの予防を目的とする歯科治療は、お子さまの「笑顔」を守る保険といえます。最初の歯が生え始めてから半年以内、遅くとも1歳の誕生日を迎える前に、歯科医師の診察を受けることをお勧めします。歯科医師の検診は「乳児健康診断」の一環であるとお考えください。定期的な歯科検診によって、早期の治療が可能となり、虫歯とその治療の規模を最小限に抑えることができます。必要に応じてレントゲン写真を撮り、歯の生え方を調べることもあり、この際に隠れた虫歯が見つかることもあります。また、7歳までにすべてのお子さまが矯正歯科を受診することをお勧めします。早期の受診および治療によって、永久歯における歯列不正または咬み合わせ異常を予防したり、軽減したりすることができます。

 

けがの予防

 

野球やサッカーその他スポーツなどで発生するケガの多くは、マウスガードを装着することによって予防または軽減することができます。マウスガードはスポーツ用品店で買えますし、歯科医院でそれぞれのお子さまの口や歯にぴったり合うものを特注することもできます。とくに歯科矯正を受けているお子さまの場合は、どのような種類のマウスガードが適しているのか、歯科医師が相談にのってくれます。

 

子どもの笑顔ほどかわいいものはありません。正しいホームケアを行ない、定期的に歯科医師の診察を受けることによって、多くの子どもが虫歯を経験することなく成人を迎えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る