一般的な非抜歯法の考え方

歯を抜かない矯正治療(非抜歯法)と抜く矯正治療(抜歯法)
歯を抜いて治療するか、抜かないで治療するか、治療方法の選択をするとき、それぞれのメリット・デメリットについてよく説明をうけて、ご納得された上で、ドクターと患者様とご一緒に治療方法を決定することが大切です。

一般的な歯を抜かない矯正治療(非抜歯法)とは

一般的に矯正というと、どうも歯を抜くといったイメージがあるようですが、近年、歯を抜かない矯正という言葉を耳にします。
なぜ、同じ患者様なのに、一方の歯科医院では歯を抜くと言われ、他方の歯科医院では抜かないと言われることが起こるのでしょうか?これには理由があります。
矯正医は、患者様の歯を治療する場合、最初から歯を抜こうと考えることはありません。何とか歯を抜かずに治療が出来ないものかと考えます。 もし抜かずに歯並びをキレイにするのならば、デコボコな歯をきれいに並べたり、出ている歯を引っ込めたりするためにどこかに隙間を作ることを考えなくてはなりません。

ここでは、歯を抜かない矯正の方法をいくつかご紹介します。(下記の方法が適用できるかは、症状等、個人差があります。)

(1)奥歯の移動

奥歯の移動人間の歯は通常28本あります(親知らずを除いて)。このうち上下左右の一番奥の歯(歯科では7番と呼びます)をもっと奥に移動できないかと考えます。もちろん、奥に移動できる限界もあるためその量には個人差があります。

(2)歯列自体の側方への拡大

歯列自体の側方への拡大歯列自体の側方への拡大を考えます。しかし、過度の拡大は治療の後戻り等の原因となるため、拡大出来る量には限界があります。

(3)削って隙間をつくる

削って隙間をつくる歯というものは表面をエナメル質でコーティングされています。
この部分の1/4〜1/3程であれば削っても、その後きれいに研磨することにより、虫歯やしみたり等の事を防ぐことが出来ます。そこで、歯と歯の間の部分を各々の歯に対し、少しずつ削って隙間を作ります。
抜かない矯正治療は、主には、上記の3つの方法により、歯を動かす隙間を作り、それにより並べ替えていきます。
それでもなお、デコボコ等がとりきれない時に歯を抜かない場合には、前歯を前方に出します。矯正学上、上下の前歯の骨に対する理想的な植立(植えている)角度というものは、ある程度決まっているのです。
しかし、その角度は一点ではなくてある程度の幅があり、その中で前方へ出すという事になります。ただしこの場合、横顔として若干の口元の突出感や口が閉じづらいといった事が起こるかもしれません。また、骨格的な問題のある出っ歯や受け口の患者様で歯を抜かない場合には、それ以外に外科的な手術が必要となります。

以上をまとめ、各々の方法のメリット、デメリットを掲載します。

歯を抜く場合

歯を抜かない場合

メリット
上下の歯のバランスもよく、口元のバランスも良くなります。
骨格的に問題がある場合も、ほとんどの場合で外科手術なしで治すことができます。

デメリット
歯を抜かなくてはなりません。
メリット
歯を抜かなくても良い。

デメリット
バランスとして突出感が出ることがあります。
※歯を抜かないといっても親知らずがある場合には上記その(1)の操作上障害となるので、 ある場合には抜かなくてはなりません。 (歯を抜かない治療といっても、親知らずは抜きます。)

※上記その(1)(2)の操作をするため、通常の矯正装置以外に装置を使うことが多く、不快感がより強くなります。

※骨格的に問題のあるときは、外科手術を伴うことが多くあります。

歯を抜かない場合

次に、コンピュータ分析システムにより、歯を抜いた場合と抜かない場合の両方に関して治療後の予測をしております。 ここで一人の患者さんについてみてみましょう。
術前 この患者さんは、25歳の女性で歯がデコボコしている事と中心がずれていること、そして何より口元の突出感を気にして来院されました。

<歯を抜いた場合>

<歯を抜かない場合>
以上のような治療後予測が出来ます。それぞれの治療予想期間(動かしている期間)は2年です。それぞれに上記のメリット・デメリットがあり、かつ、口元のバランスの違いがあります。
もちろん上記の患者さんは両方どちらの治療でも可能です。メリット・デメリットをふまえた上で、最後は患者さん御自身に決めていただきます。あなたならどちらを選択されますか?

ただ、上記の例はどちらでも治せる方法です。明らかに抜かないで出来るケースも多数ありますが、場合によっては抜かなければならないケースもあります。
又、抜かない場合に治療前よりも口元が突出する場合もあります。一概に抜くとか抜かないではなく、それぞれのメリット・デメリットを聞いて納得して決めることが重要なのではないでしょうか。

MEAWテクニック(非抜歯法)

マルチループアーチワイヤーとオーストリア咬合学の治療について

MEAWとオーストリア咬合学による矯正治療法 (歯を抜かない矯正)


MEAW[ミョー]とは

マルチループアーチワイヤーのMEAWとは、Multiloop Edgewise Arch Wire という英語の頭文字をとったものです。このMEAWは、「ミュー」または「ミョー」と呼ばれ、意味は、「ループを使って自由に歯を動かすことができるワイヤー」という意味です。

MEAWにはマルチループという輪の形に屈曲された「ループ」がある、特殊なワイヤーを使用します。歯のでこぼこや、ねじれ、傾きに沿ってアーチワイヤーを曲げこんで、小さなワイヤーのループをつくることで、1本1本の歯を3次元的に動かしていくことができます。つまり、傾いた歯を起こしたり、伸びすぎた歯を中に押し込んだり、様々なことが同時にできます。

この治療法に、「オーストリア咬合学」というかみ合わせの概念を組み合わせた治療法は、従来の治療法に比べて治療期間が短い(約1/3〜1/2)ことや、歯を抜かずに、見た目の歯並びと、咬み合わせを整えることができることが特徴です。


特徴

MEAW
▲ MEAW (マルチループアーチワイヤー)

MEAWは、複雑に曲げられたワイヤーを使って歯を矯正します。 MEAWを用いた場合の治療期間は、早い場合は6ヶ月から1.5年、長い方でも2年程度です。これは、その人の歯並びの状態によってかわってきます。

この治療期間の大きな違いは、ワイヤーの形によるものです。MEAWは、歯を動かしやすいように、ループ(輪)の形状になっているワイヤーが1本1本の歯の間に入っているため、すべての歯を同時に自由に動かしていくことが可能な構造です。

近年の平均矯正期間は24ヶ月位ですが、もっと治療期間を短くしたいという場合は、コルチコトミー法やインプラント矯正といった方法を組み合わせることによって、6ヶ月位で矯正期間を終了することができます。

MEAWとオーストリア咬合学をとりいれた矯正治療は、“かみ合わせのバランスを整えることができる”というのも大きな特徴の1つです。、顎の本当の位置は、歯の模型・写真・レントゲンなどの検査をするだけではなく、「アキシオグラフ」とよばれる顎の動きやかみ合わせをシミュレーションする検査等で知ることができます。

たとえ見た目の歯並びがキレイになっていたとしても、かみ合わせがしっかり合っていないまま矯正治療が終了してしまっては意味がありません。この治療方法は歯を前後に動かして水平的にガタガタをとるだけでなく、垂直的に上下にも動かすことができるため、全体の噛み合せのバランスを整えることができ、顎の位置(顎位)をより安定に変えることが可能です。

なお、MEAWは症例によってワイヤーの曲げ方や形状が異なります。患者さんごとに、1本のワイヤーからマルチループ・ワイヤーの形をオーダーメイドで作るので、専門の技術と豊富な経験を持った医師のもとで治療を受けることが望ましいです。

Dr.Tsurubuchi はMEAWテクニックを使用してさまざまな難症例ケースをFinishしています。

▲このページのトップに戻る