10代から始める矯正歯科治療 10代から始める矯正歯科治療

あなたの笑顔をどう思いますか?

こ自分の笑顔に自信はありますか?ご自分の歯や口元の容貌について意識したことはありますか?笑うときに自分の口を手で隠したりしていませんか?矯正治療はあなたの□元を改善して自信を回復させてくれます。

 

矯正歯科治療で笑顔と自信がよもがえります。

どの年齢の人であれ、美しく整ったまっすぐな歯は素敵で、自信をもって気持ちよく笑うことができます。

 

通常は10代の前半でマルチブラケット装置をつけ始めます。

矯正治療を受ける患者さんの平均年齢は 1014歳で、永久歯が生えそろった頃です。10代の患者さんはカラフルな矯正用カラーゴムを使って、矯正治療期問を楽しんでいます。マルチブラケット装置をつけていてもマウスガードで保護すればスポーツやほかの課外活動に参加できます。

 

あなたの咬み合わせは大丈夫ですか?

不正咬合とは咬み合わせがずれている状態を表す矯正用語です。咬み合わせがずれていると顎の関節に異常を感じることがあります。不適切な咬み合わせだと歯が不均等に削れてしまいます。矯正治療を行うと悪い咬み合わせが改善され、歯を正常な状態に治してくれます。

 

歯がよじれていませんか?

歯が不ぞろいだったり、歯と歯の問に不均等な隙問が空いていると自信を持って笑えなくなります。こういう歯の状態だと口腔内を清潔に保ち食べ物が詰まったりするのを防ぐことが難しくなり、虫歯や歯周病になる確率が高くなります。上顎前突(出っ歯)や反対咬合(受け口)や交叉咬合は咬み合わせの問題を引き起こします。歯並びが悪かったり、咬み合わせがずれていると、ある種類の食べ物を1歯むのが大変になります。突出した歯は欠けたり割れやすくなります。

 

マルチブラケット装置について

マルチブラケット装置はブラケットを使用します。ブラケットは歯に接着して矯正用ワイヤーを通すためのものです。ブラケットはメタル、プラスチック、またはセラミック製のものがあります。セラミック製はメタルに比べて目立たないのですが壊れやすい欠点があります。プラスチック製のブラケットは透明または歯の色に近いものですが、次第に汚れが目立ってくる傾向があります。メタル製は最も丈夫ですが、目立ちます。ブラケットを歯の裏側に接着して、表からは目立たないようにする矯正方法もあります(舌側矯正装置)。ブラケット接着用の最新の接着剤はフッ素徐放性のものがあり、矯正治療中に歯のエナメル質が変色するのを防いだり、また虫歯予防をしてくれます。ワイヤーは熱で活性化するニッケルチタン合金が多く用いられ、ワイヤーが口の中の温度になると効率的に歯を移動させます。最近では患者さんのお好みに応じてカラフルなカラーゴムもあります。

 

矯正治療の詳しい治療ステップは?

ステップ1 歯のカウンセリング&検査

@歯と体の健康状況を知るための問診を行う。

A矯正治療にかかわる問題を診断する。

B歯の石膏モデルを作る。

C顔と歯の写真を撮影する。

D口と頭のレントゲン写真を撮影する。

ステップ2 治療

@口腔内検査と歯のクリーニングをする。

A矯正をはじめる前に治したほうがよい歯の治療を行う。

Bマルチブラケット装置をつける。

C必要ならヘッドギアー等の付加装置をつける。

Dワイヤーを調節して歯に圧カをかける(26週間ごと)。

E歯の定期健診とクリーニングを続ける(6ヶ月ごと)

ステップ3 保定期間

@リテイナーを装着して歯の新しい位置の保持、また周囲の組織を安定させる。

A6ヶ月ごとに歯の検診をうける。

B定期的に歯ならびのチェックをうける。

 

Q & A

 

Q:矯正治療って何ですか?

A:矯正治療とは顎の位置や顔の骨、歯の位置を正しい位置にする専門の治療方法です。

 

Q:矯正は痛いと聞いていますが?

A:矯正装置をはじめて装着し、歯科医師がワイヤーの調節を行うたびに傷みを感じるかもしれません。痛みの状態によって歯科医師は鎮痛剤を飲むことを勧める場合がありますが、通常なら痛みは23日で治まります。

 

Q:どれぐらいの期間、矯正装置をつけているのですか?

A:装着期間を決定するにはいくつかの要素があります。不正咬合の状態、歯や歯ぐき、周囲の骨の健康状況、年齢等です。一般的に治療期問は1年から3年の間です。

 

Q:ほかの装置を使うこともありますか?

A:歯科医師が患者さん一人一人の状況に応じて治療計画を立てます。マルチブラケット装置のほかに、ゴムやヘッドギアといった装置を装着することもあります。

 

Q:装置の装着時に何を食べてもよいのですか?

A:キャラメルのように歯にくっつきやすいもの、ナッツ類や固いせんべいなどは避け、氷を咬むこともやめましょう。果物や生野菜の固いものは矯正装置を壊してしまうおそれがあるので、細かく切って食べるようにしてください。

 

Q:口腔衛生はどうして大切なのですか?

A:矯正治療中は歯の表面に白いしみのようなものがついたりして虫歯を引き起こす原因になります。最新の研究報告によると歯のエナメル質の侵食と虫歯は定期健診によるクリーニング、フッ素の塗付、バランスのとれた食事、自宅での口腔衛生によって防ぐことができるとしています。歯や歯ぐきを清潔に保つには日常の努カが必要です。

 

矯正治療はチームワークてす。

矯正治療は患者さん、歯科医師、そして歯科衛生士の三者がチームとなって行なうと考えてください。先生や衛生士さんの指示をきっちり守ることで矯正治療がたいへん満足のいくものとなります。費やした時問が無駄でなかったと感じられるはずです。あなたの人生に美しい笑顔を。

▲このページのトップに戻る