矯正歯科治療の基礎知識

不正咬合(悪い歯並び)の種類と特徴

不正咬合[ふせいこうごう]とは

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを言います。
不正咬合は、見た目が気になるほか、ガタガタに生えている歯並びのため、すみずみまで歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすいです。そのため、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいと言われています。

不正咬合は特徴に応じて、いくつかの種類に分類されています。
例えば、
・出っぱで笑うと歯茎が出すぎるのが気になる…上顎前突[じょうがくぜんとつ]
・奥歯は噛み合っているのに、正面から見ると上下の歯の間が開いてる…開咬 [かいこう]
など、いろいろな種類があります。

治療方法は様々で、不正咬合の種類や症状、患者さんの要望、生活習慣、担当医の診断などによって異なります。

矯正歯科ネットでは、様々な症例写真や治療方法をご紹介しております。
下記にご紹介する不正咬合の特徴を見て、ご自分の歯と比較しながらどのタイプに当てはまるか調べてみましょう。
※正しい症状を知りたい方は、直接歯科医院にいって診察・検査を受けましょう。

叢生[そうせい](前歯のデコボコ、乱杭歯[らんぐいば])

叢生叢生は歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。
歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

上顎前突[じょうがくぜんとつ](出っ歯)

上顎前突上顎前突は、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。俗称で「出っぱ」と言われています。
前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。

下顎前突[かがくぜんとつ](受け口)

下顎前突下顎前突は、下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。俗称で「受け口」などと言われます。

奥歯に虫歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくかったりする場合があります。

開咬[かいこう]

開咬開咬は、奥歯は噛み合ってても、前歯の上下は開いていて噛み合わない状態を言います。
前歯が開いているので、前歯で物を噛み切ることができません。子どものころからの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。

過蓋咬合[かがいこうごう]

過蓋咬合過蓋咬合は、上の歯と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど噛み込んでいる状態を言います。深く噛み込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、歯が摩耗しやすい不正咬合です。

空隙歯列[くうげきしれつ]

空隙歯列空隙歯列は、あごの大きさに比べて、歯が小さかったり、歯の数が少なかったりすることが原因で、隙間が多くなっている歯並びを言います。
歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

正中離開[せいちゅうりかい]

正中離開正中離開とは、前歯の間に隙間がある、いわゆる「すきっ歯」のことを言います。正中埋伏過剰歯(萌出することなく骨の中にとどまっている余分な歯)が原因で起こる場合と、上唇小帯(上唇の裏側にあるスジ)の発育異常による場合があります。

不正咬合とは

不正咬合[ふせいこうごう]とは

不正咬合は、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことをいいます。
歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目だけでなく、ガタガタに並んだ歯並びのために、歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくく、虫歯や歯周病の原因になりやすいです。

不正咬合はいくつかの種類に分類することができます。

  • 出っぱで笑うと歯茎が出すぎるのが気になる、上顎前突[じょうがくぜんとつ]。
  • 奥歯でしっかり噛んでいるのに、正面からみると上下の歯の間が開いてる、開咬 [かいこう]。

など、 いろいろな種類があります。
また、治療法も不正咬合の種類や患者さんの希望によってさまざまなものがあります。

これから矯正治療をお考えのあなたはどのタイプに入るでしょうか?
まずは、自分の歯並びのタイプを知りましょう。

叢生[そうせい]乱ぐい歯、八重歯、でこぼこの歯並び

叢生[そうせい]叢生[そうせい]とはあごの大きさに比べて、歯が大きいことが原因で、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。

歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言えます。

上顎前突[じょうがくぜんとつ]いわゆる出っぱ、口が閉じにくい

上顎前突[じょうがくぜんとつ]上顎前突[じょうがくぜんとつ]とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あごの歯全体が前に出ていたりする状態をいいます。

前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、また、指しゃぶりなどの癖も原因となります。

下顎前突[かがくぜんとつ] 受け口、上の歯より下の歯が前にでて顎が出て見える

下顎前突[かがくぜんとつ]下顎前突[かがくぜんとつ]とは、下の歯が上の歯より前に出ている状態をいいます。

奥歯に虫歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくい場合があります。

開咬 [かいこう]…上下の前歯に隙間ができて前歯で食べ物が噛みきれない

開咬 [かいこう]開咬[かいこう]とは、前歯が開いてしまい、歯が上下で噛み合わない状態をいいます。

前歯が開いているので、物を噛み切ることができません。
子どものころの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。

過蓋咬合[かがいこうごう]…上下の歯が重なりすぎて片顎の歯が見えない

過蓋咬合[かがいこうごう]過蓋咬合[かがいこうごう]とは、上の歯と下の歯の重なりが深い状態の歯並びをいいます。写真のように、下の前歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態をいいます。

深く噛みこんだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかって、歯が摩耗しやすいです。

空隙歯列[くうげきしれつ]…すきっ歯、食べ物が歯の間に挟まりやすい

空隙歯列[くうげきしれつ]空隙歯列[くうげきしれつ]とは、あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少なかっために、隙間だらけになっている歯並びをいいます。
歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

矯正治療が必要な不正咬合

矯正治療が必要な不正咬合

矯正治療が必要な症状について


■ 正常なバランスと、不正咬合との比較 (お顔を横から見た場合)

<下顎が出ている> <正常なバランス> <口元が突出している>
下顎が出ている 正常なバランス 口元が突出している
[不正咬合の種類] 骨格的な下顎前突や前歯の反対咬合(うけ口)など [正常なバランス]上下の唇が鼻とあごを結んだラインとほぼ一致しています。 [不正咬合の種類]上顎前突(出っ歯)や上下顎前突(上下の前歯の突出)

■ 不正咬合の種類と対応

A.でこぼこ、乱杭歯[らんくいば]、八重歯

でこぼこ 八重歯歯の生える場所が足りないと、歯ならびはでこぼこになります。でこぼこの部位は歯みがきをしにくいため、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病のリスクが高い歯ならびです。八重歯は犬歯の生える場所の不足によるでこぼこのひとつで、比較的遅い時期(小学校高学年ごろ)からめだち始めます


B.空隙歯列 [くうげきしれつ](すきっ歯)

すきっぱ 空隙歯列でこぼことは逆に、隙間が余っている歯並びも不正咬合です。
歯の本数が少ない場合、かみ合わせそのものが原因となっている場合や、また、成長期には舌の癖や、指しゃぶり、爪咬みなどが原因になっていることもあります。


C.上顎前突 [じょうがくぜんとつ](出っ歯)

じょうがくぜんとつ 上顎前突正常な前歯の噛みあわせでは、上の前歯が下の前歯の2-3mm前方に被さっています。これよりも上の前歯が前方に噛んでいれば、写真ほどではなくても出っ歯の噛みあわせに分類されます。口もとが突出した感じの横顔の原因になります。


D.下顎前突 [かがくぜんとつ]・反対咬合 [はんたいこうごう](うけ口)

かがくぜんとつ 下顎前突下の前歯の方が、上の前歯よりも前方にある噛みあわせを反対咬合(うけ口)といいます。反対咬合の原因により治療方針が異なります。とくに骨格性の下顎前突の場合は子どもの時期のタイミングの良い治療が重要です。成人期以降の治療で骨格性の要因が強い場合には手術を併用した外科矯正をおこなう場合もあります。


E. 上下顎前突 [じょうげがくぜんとつ] (口もとの突出)

じょうげがくぜんとつ 上下顎前突顔全体に対して、上下の前歯や上下の唇の両方が前方に突出している場合もあります。上下左右の小臼歯抜歯をともなう歯列矯正が必要な場合が多い不正咬合です。抜歯スペースを利用して上下の前歯を下げることで、横顔のライン・バランスを整えることができます。


F. 開咬 [かいこう](前歯で噛めない)

かいこう 開咬奥歯が噛んでも前歯が咬めない状態を「開咬」といいます。前歯でものをかみ切る、という動作に支障があるので、きちんとなおす必要があります。成長期の開咬を放置すると、本格的に骨格性の開咬に発展してしまう場合もあります。逆に成長期から口もとの癖の除去などをおこなうことにより、正常なかみ合わせに誘導できる場合もあります。放置せずに矯正専門医の受診をおすすめします。


G. 過蓋咬合 [かがいこうごう] (かみあわせが深すぎる)

かがいこうごう 過蓋咬合正常な前歯の噛みあわせでは、上の前歯が下の前歯に2-3mm被さっています。これよりも深い噛みあわせを過蓋咬合といいます。深すぎるかみ合わせは、顎の関節の負担が大きくなります。また、出っ歯など前後的な不正咬合とセットになっていることも多いので注意が必要です。


H. かみ合わせが曲がっている

左右非対称奥歯の噛みあわせも、上の歯が下の歯の外側に被さっているのが正常です。奥歯の噛みあわせがずれて左右非対称だと、顔の曲がりや顎の関節の負担につながります。成長期の非対称の咬合は、成長とともに骨格をゆがめる原因になりやすいため、早期の治療開始が重要です。曲がり方が大きい場合には、成長終了後に手術を併用して治療する場合もあります。


 I. 顎変形症 [がくへんけいしょう]

顎変形症 [がくへんけいしょう] 骨格のアンバランスが著しい不正咬合の場合には、顎の骨の手術を併用した外科矯正をおこないます。歯ならびの土台となるあごの骨の位置を、手術により整えることにより、噛みあわせと顔の双方のバランスを整えます。

▲このページのトップに戻る