歯並びに影響を及ぼす癖と改善方法、口腔筋機能療法(MFT)

歯並びに影響を及ぼす癖と改善方法、口腔筋機能療法(MFT)

1.歯並び・顎の成長によくない癖や習慣
(指しゃぶりや頬杖、口呼吸などの癖は歯並びを悪化させる要因の一つです。)

2.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(1) -筋機能のチェック
(あなたのお口の筋機能の状態をチェックします。)

3.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(2) -実践編・レッスン1-
(筋機能療法の具体的なプログラムをご紹介。写真を見ながらお口の筋機能を改善!)

4.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(3) - 実践編・レッスン2-
(レッスン1に慣れたらレッスン2へ挑戦!舌癖を改善し、フェイスラインを引き締めます。)

 

 

 

1.歯並び・顎の成長によくない癖や習慣
(指しゃぶりや頬杖、口呼吸などの癖は歯並びを悪化させる要因の一つです。)

指しゃぶりや、舌突出癖(舌を前に出す癖)、頬杖、口呼吸などを行うことにより、歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼすことがあります。日常生活の何気ない癖や習慣を、今一度見直してみませんか?

指しゃぶり

指しゃぶり 指しゃぶりを続けていると、奥歯を咬んだとき上下の前歯が開いてかみ合わない「開咬」や、「出っ歯(上顎前突)」、上顎の歯列の幅が狭くなって上下の奥歯のかみ合わせがハサミのようにズレてかみ合わない「交叉咬合」などの不正咬合になることがあります。
これらの症状の現れ方は、指しゃぶりの期間や、回数、吸う強さ、指しゃぶりをしやすい顎の形をしていること(遺伝的要因)などによっても、個人差がでるようです。

指しゃぶりだけでなく、ガーゼ、おしゃぶり、爪、鉛筆などを噛む癖も、歯並びや顎の成長に悪影響を与えることがあるとされています。これらの癖は、3歳頃までならあまり問題ないとされていますが、4歳以降も続いてしまうと歯並び・顎の成長に影響を及ぼすことが考えられますので、やめさせた方がよいでしょう。
ただし、やめさせる時にはタイミングが大切です。卒乳の時や、言葉の理解ができた時、お友達ができたなど社会性が発達した時に、やめた方が良い理由をきちんと説明して、できるだけ自分自身で「やめたい」と思えるようにサポートしてあげましょう。叱ったり、急かしたりなどすると、お子様にストレスを与えて逆効果となることがあります。

舌突出癖(舌を前に出す癖)

正しい舌の位置口を開けて上下の前歯の間に舌を挟んだり、歯を舌で裏側から押したりする癖を、舌突出癖[ぜつとつしゅっへき](または舌癖[ぜつへき])といい、口呼吸や指しゃぶりを長く続けていると現れることが多いといわれています。
舌突出癖を続けていると、開咬や、出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)となってしまいます。この癖は、舌の先端の場所が本来の正しい舌の位置よりも、やや前方で低い位置にあるため、上下の前歯の間から舌が見え隠れしたり、発音が不明瞭になったり、食べる時に音をたててしまうなど、日常生活にも影響がでます。

治療法としては、お口の周りや舌の筋肉を鍛えるトレーニング(MFT:筋機能療法)での舌突出癖の改善や、矯正歯科治療があります。慢性的に鼻が詰まる「アデノイド(咽頭扁桃の肥大)」などがある場合は、耳鼻咽喉科での治療も併せて必要となります。

頬杖[ほおづえ]

頬杖を続けていると、かみ合わせが深くなったり、顎の成長に支障をきたしたり、かみ合わせがずれることがあります。ほとんどの場合が無意識でしていることが多いので、自覚させてやめるように促しましょう。5〜6歳以降に現れやすいとされています。

口呼吸

口呼吸口呼吸をしている人は、長時間、口を開けっ放しにしている状態になります。そのため、常に下顎と舌の位置が下がっている状態になり、お口の筋力や顎の成長・発育に悪い影響をあたえ、顎の幅が狭くなったり、前歯が出やすくなったりしてしまいます。
習慣的な口呼吸のみであれば、お口の周りを鍛えるトレーニング(MFT)で改善されることもありますが、歯並びに問題がある場合は矯正治療、慢性的に鼻が詰まる「アデノイド(咽頭扁桃の肥大)」などがある場合は耳鼻咽喉科での治療が必要となります。
また、口呼吸は、歯並びへの影響だけでなく、お口の中が乾燥して、細菌が繁殖しやすくなって虫歯や歯周病のリスクが高くなるだけでなく、体内に細菌が入りやすいために免疫力低下の原因にもなります。

癖や習慣だけが主な原因の場合は、家族で一緒に取り組み、お子様の努力に対してたくさん誉めたり、励ましたりして改善させるとよいでしょう。改善方法にお悩みの方は、お近くの矯正歯科で相談されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(1) -筋機能のチェック
(あなたのお口の筋機能の状態をチェックします。)


[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(1) -筋機能のチェック -

口腔筋機能療法 (MFT:ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY) とは

■舌や口唇、お顔の筋肉を鍛える 「筋機能療法」

お口の筋機能療法は、舌や口唇および顔面の筋肉など、口のまわりの筋肉 を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムで、MFT (ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY:口腔筋機能療法)と呼ばれています。不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖の改善、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)を改善などを目的に、様々なプログラムがあります。
また、MFTでお顔の筋肉を鍛えることで、フェイスラインをスッキリ引き締める効果もあるといわれています。

■口腔筋機能療法の本来の目的は

口のまわりの筋肉が弱く、バランスが悪いと、舌で前歯が押され、開咬(前歯が開いている)や上顎前突(いわゆる出っ歯)、あるいは反対咬合(受け口)といった不正咬合を引き起こすことがあります。このような舌癖(舌の癖)があると、矯正治療が順調に進まなかったり、矯正治療後に後戻りすることがあります。矯正装置をつけなくとも、筋機能療法のみで不正咬合がある程度改善することもあります。

また、矯正治療を成功させるために、筋機能療法の併用が必要な場合も多いです。歯ぐきや歯を支える骨が弱ったときに、舌の癖があると、歯並びが崩れたり、逆に舌の癖によって歯ぐきや歯を支える骨が弱る可能性があります。お口の筋機能療法を行って、舌の位置が普段から上顎についている状態で、口唇は楽に閉じることができるようにしたり、正しい嚥下(食べ物の咀嚼や飲み込み)と発音ができるようにするのが目標です。

チェックしてみましょう!

■鏡と水を入れたコップを用意して、お口の筋機能の状態をチェックしましょう

チェック方法は簡単です。まずは鏡と水をいれたコップ を用意してください。下記の項目を試してみて、該当したものをチェックしましょう。

1. 普段の舌の位置は歯と歯の間から出ているあるいは下の前歯を押している。
2. 舌の脇に歯形のようなへこみがある。
3. 口唇を閉じて鼻だけでしばらく呼吸をすると苦しい。
4. 普段口唇を開けている。
5. 口唇を閉じると筋肉が緊張し、オトガイ部(下顎の先)にシワができる。
6. 口唇を閉じるとヘの字になる。
7. 水を飲むとき舌が歯と歯の間から出てコップを迎えにいく。
8. 水を飲み込むとき前歯で舌を咬む。
9. 水を飲み込むとき口唇に力が入る。
10. サ行やタ行を発音するとき歯と歯の間から舌が出る ("th"になる)。


【あなたは、何番にチェックがつきましたか?】
チェックがついた番号によって、以下の症状が考えられます。
  • 「1」、あるいは「2」にチェックのある人 …  低位舌(舌の先端が下顎前歯の裏側にある)
  • 「3」にチェックのある人 … 鼻呼吸がうまくできていない※
  • 「4」〜「6」にチェックのある人 … 口唇の筋力が弱い
  • 「7」〜「9」にチェックがある人 … 異常嚥下癖(正しい飲み込みができない)
  • 「10」にチェックがある人 … 異常嚥下癖(正しい飲み込みができない)

「1」から「10」のどれかに該当する人は、ぜひ筋機能療法をやってみてください。 どれにも該当しな人や、「自分は舌の癖はないぞ!」という人もお勧めです。たとえば、お口の筋力がバテないように口唇や顔面の筋肉をもっと鍛えてたい人や、楽器を演奏している人で舌を鍛えてタンギングのキレをよくしたい人、フェイスラインを引きしめたいと思っている人にはお勧めです。
※ チェック「3」は、鼻で呼吸ができないとうまくいきません。「3」にチェックのある人は、一度、耳鼻科医を受診してみるとよいでしょう。


【注意点、備考】
  • 長い間、指しゃぶりをしている人は、上記のチェックが多く当てはまりやすいです。小中学生で指しゃぶりをしている人がいらっしゃったら早くやめましょう。
  • 舌を出すと先が凹んだり、ハート型になる舌小帯が短い方(舌小帯:舌の下の紐のようなひだ)は、舌小帯を切ったほうが良いでしょう。舌小帯が短くて、発音がしずらかったり、食べ物を飲み込みにくい症状がみられるのなら、一度歯科医院や口腔外科を受診してみることをお勧めします。
  • なお、歯が出ているために、口唇を楽に閉じられないこともありますし、咬み合わせによっては矯正治療してから筋機能療法をやった方が良いこともあります。

口腔筋機能療法を始めましょう!

■筋機能療法はどのように行われるのか

筋機能療法は、通常、矯正歯科医院でセラピストとしてトレーニングされた歯科医師あるいは歯科衛生士が行います。アメリカでは専門のセラピストが自分のオフィスを持ち、矯正医からの依頼で筋機能療法を行っているそうです。プログラムはレッスン1からレッスン10まであり、一回のレッスンにつき、約10分かかります。これを1日2回(2時間以上間隔をあける)毎日行い、2週間行ったら次のレッスンに進みます。

本当はセラピストの指導を受けて行うのが望ましいですが、具体的な注意点をできるだけご紹介するので、「レッスン1」、「レッスン2 のプログラム説明をよく読んで頑張りましょう。
なお、筋機能療法のプログラムはいろいろありますが、ここではZickefoose氏のテキストを参考にしました。

さあ!はじめましょう
口腔筋機能療法 レッスン 1 / 口腔筋機能療法 レッスン 2

 

 

 

 

 

 

 3.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(2) -実践編・レッスン1-
(筋機能療法の具体的なプログラムをご紹介。写真を見ながらお口の筋機能を改善!)

[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(2) - 実践編・レッスン1-

お口の筋機能療法 レッスン1

■フェイスラインも引き締める!  「筋機能療法」

お口の筋機能療法はMFT (MFT: ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY)、:口腔筋機能療法)と呼ばれ、舌や口唇および顔面の筋肉など、口のまわりの筋肉 を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖を改善、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)を改善などを目的に、様々なプログラムがあります。また、MFTでお顔の筋肉を鍛えることで、フェイスラインをスッキリ引き締める効果もあるといわれています。

■レッスン1の目的

  • 舌の先の正しい位置を覚える
  • 舌を持ち上げる筋肉を強化する
  • 咬む筋肉(咬筋)が緊張する感じを覚え、鍛える
  • 舌を正しい位置に置いたときの感じを覚える

■用意するもの

  • 手鏡(10cm以上の顔全体が映るものがよい)
  • 木製のスティック(割りばしの割っていないものでOK)
  • ストロー1本(細めのごく普通のもの)
  • スプレーボトル(アイロンがけで使うような普通の霧吹き。ノズルを緩めて水の出方を直線状に調節できるもの)

■やってみよう!

※鏡を見ながら、次にご紹介する「5つのプログラム」を行ってください。
1. スポットポジション 5回
2. ポッピング 10回
3. バイト 5回
4. スラープアンドスワロー 左右5回
5. ポスチャー 5分間

5つのプログラム

1. スポットポジション 5回

普段何もしていない時や、飲み込みをするときに舌の先が触れる位置を覚えます。その「位置」をこのレッスンでは「スポット」と呼びます。「スポット」は上の前歯の後ろのプクッとしたふくらみ(神経が集まっているので触ると敏感)のすぐ後です。
1. まず、スティックでスポットを触ります(ゆっくり3数える)。
2. 次に、スティックを離し、同じ場所を舌の先で触ります(これもゆっくり3数える)。このとき、舌を丸めないで、舌の脇を締め先を尖らせてください。これを交互に5回くりかえします。


▲スティックで3秒触れる

▲舌を尖らせてスポットへ

▲5回繰り返します

2. ポッピング 10回


▲舌の先をスポットにつけて、
舌全体を吸い付けている状態

舌を上に持ち上げる練習です。

1. 舌全体を上顎に吸い付け、口を大きく開けて舌の裏のヒモ(舌小帯)を延ばします。このとき、<舌の先がスポットにあること>、<舌の前の方だけでなく、後ろの方まで上顎の裏側に吸い付いていること>、<舌が上の歯を覆わず上の歯列の内側に収まること>、<左右対象に吸い付けること>が必要です。また、口を開けるときは、下顎を前に出したり横にズレさせたりせずに、まっすぐ開けます。

2. 次に、舌を下におろし「ポン」と音を立てます。 舌全体が吸い付いていないと軽い音がしてしまいます。ちょっと下品な音が正しいです。

これを10回くりかえします。やり過ぎはよくありません。 ゆっくり数えて、「1、2、3、ポン」くらいの速さで行いましょう (速くやってはあまり練習になりません)。舌を吸い付けることの出来ない人は、まず何でもいいから「ポン」と音を出すことから始めましょう。音の出る直前は舌の一部が吸い付いているはず。如々に舌全体が吸い付くようにし、そしてだんだん舌の裏のヒモを伸ばせるようにしていきます

 

3. バイト 5回

咬む筋肉が緊張する感じを覚え、鍛えます。

1. 両手をエラに置いて、ギュっと強く歯を噛みます。すると、筋肉が緊張し固くなるのを感じます(咬筋)。
2. 次に、両手をコメカミに置いて、ギュっと強く歯を噛みます(側頭筋前腹)。
3. 最後は、 両手を耳の上に置いて、ギュっと強く歯を噛みます(側頭筋後腹)。これを5回くりかえします。

このプログラムはゆっくり数えて行いましょう。タイミングは、「おさ、えて、ギュッ、休み」くらいの速さです。筋肉を感じますか?左右が同じくらいに触れますか? 筋肉がよく触れない人は食事もほとんど前歯で噛んでいるかもしれません。奥で噛むようこころがけましょう。左右の強さの違う人は、弱い側の奥歯でガムを噛んで鍛えてみましょう。

 


▲おさ…

▲えて…

▲ギュッ!

4. スラープアンドスワロー 左右5回

嚥下(飲み込み)の練習です。舌を上に付けて飲み込むことと、舌の脇を使って水を奥に集めることを練習します。

1. 舌の先をスポットにつけて舌全体を上顎に吸い付け、上の犬歯(糸切り歯)の後ろにストローを置いて、舌の裏側に当てます。そして、そのまま軽く歯をかみあわせます。
2 スプレーで口の横から奥歯に向かって水を吹き入れ、音を立てて水を吸い込みます。後ろにに水を集めたら、奥歯を噛んだままゴクンと飲み込みます。これを左右交互に5回ずつくりかえします。

正しい嚥下では口唇は軽く閉じていますが、この練習では口唇を開けて状態で飲み込みます。そのため、鏡で嚥下時の舌の状態がチェックできます。舌が前に出てこないよう舌の先をスポットから離さないように練習します。

▲ストローを犬歯の後ろに置く

▲口角付近から水を入れる

5. ポスチャー 5分間


▲舌の先はスポットに!
普段舌を上顎に付けておく習慣をつけます。

上記で紹介した「1」〜「4」の練習後に、上の犬歯の後にストローを置いて歯をかみあわせ、口唇を軽く閉じます。なるべくストローの力に頼らず、出来るだけ舌の力で上顎に吸い付けるようにします。くれぐれも舌の先はスポットに。
このまま5分間(またはそれ以上)そのままで。テレビを見たり、読書をしたり、口をきかないで、出来ることをやりながらやってください。

レッスン1で紹介した、「1」から「5」までの練習を1日2回(2時間以上間隔をあける)、毎日2週間行います。

うまくできて、2週間がんばったら次のレッスン2に進みましょう!
>> 口腔筋機能療法 レッスン 2 へ

 

 

 

 

4.[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(3) - 実践編・レッスン2-
(レッスン1に慣れたらレッスン2へ挑戦!舌癖を改善し、フェイスラインを引き締めます。)

[MFT] 口のまわりの筋機能療法とは(3) - 実践編・レッスン2-

筋機能療法 レッスン2

不正咬合の原因でもある舌癖や口腔習癖を改善する 「筋機能療法」

お口の筋機能療法はMFT (MFT: ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY:口腔筋機能療法)と呼ばれ、舌や口唇および顔面の筋肉など、口のまわりの筋肉 を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖を改善したり、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)を改善することなどを目的に、様々なプログラムがあります。 また、MFTでお顔の筋肉を鍛えることで、フェイスラインをスッキリ引き締める効果もあるといわれています。

>>筋機能の状態をチェックはこちら!
>>【実践編・レッスン1】 はこちら!

■レッスン2の目的

  • 舌を持ち上げる筋肉を強化する
  • 舌と唇の正しい位置を覚える
  • 唇の筋肉を強化し、引き伸ばす

■用意するもの

  • 手鏡(10cm以上の顔全体が映るものがよい)
  • スプレーボトル(アイロンがけで使うような普通の霧吹き。ノズルを緩めて水の出方を直線状に調節できるもの)
  • ボタン(直径2.5cm位の薄い物)と、細い紐(タコ糸がベター)30〜40cm
  • あればバネ秤
  • ストロー1本(細めのごく普通のもの)

■やってみよう!

※鏡を見ながら、次にご紹介する「6つのプログラム」を行ってください。
1. 舌を振ってスポット 10回
2. バイトホップス 10回
3. 「カッ!」 スワロー 10回
4. スラープアンドスワロー 左右5回
5. リップエクササイズ 10回
6. ポスチャー 10分間

6つのプログラム

1. 舌を振ってスポット 10回

普段何もしていないときや飲み込みをするときに舌の先が触れる位置を「スポット」と呼びます。舌が無意識でもスポットに行くことが出来るようになるための練習です。

1. まず、口の外で舌を尖らせて左右に振ります。
2. 合図に合わせて舌の先でスポットを触ります。
(できたら誰かに頼んで突然「スポット!」と合図を言ってもらうとよい。)
これを10回くりかえします。


▲舌を左右に速く動かします

▲合図は「スポット!!」
 

2. バイトップス 10回

両手を咬筋(エラのあたり)に置き、奥歯で噛むと同時に舌全体を上顎に吸い付けます。次に舌を上顎に吸い付けたまま口を大きく開けて舌の下のヒモ(舌小帯)を延ばします。そして、舌を下におろし「ポン」と音を立てます。これを10回くりかえします。


▲ギュっと咬んで....

▲吸い付けて、ポン!!
 

3.「カッ!」 スワロー 10回

舌の後方部を上に持上げる感覚を覚えます。正常な嚥下中には舌後方部が持ち上がります。 口を大きく開けて、舌の先を人さし指で押さえ、舌の先が下の前歯の後ろから動かないようにして、「カッ!」と声を出します。この時、舌の後方部が上に持ち上がるのを確認します。「カ」は母音Aより子音Kを強めに発音しましょう。
次に、舌の先を押さえたままスプレーでのどの奥めがけて水を吹き入れ、舌の後方部を持ち上げて飲み込みます。「カッ!」と声を出したときと舌の動きが同じくなるようにします。これを10回くりかえします。 上手く出来ないときは、上半身を後ろに倒して行なう(または仰向けになる)とよいでしょう。

4. スラープアンドスワロー 左右5回

嚥下(飲み込み)の練習。レッスン1のスラープアンドスワローをストロー無しで行ないます。 舌の先をスポットにつけて奥歯をかみあわせます。スプレー(霧吹き)で口の横から奥歯に向かって水を吹き入れ、音を立てて水を吸い込みます。後に水を集めたら、奥歯を噛んだままゴクンと飲み込みます。これを左右交互に5回ずつくりかえします。

5. リップエクササイズ 10回

  ぼたんぷる<5-1 ボタンプル>
唇や顔面の筋肉を強化します。唇や顔面の筋肉が弱かったり、いつも緩んでいると、歯並びが悪くなったり、矯正治療後の咬み合わせが安定しなかったりします。

1. 直径2.5cm位の薄いボタンに、30〜40cm程度の長さのタコ糸やデンタルフロスのような細い紐(ひも)を通して輪に結びます。
2. ボタンを唇の裏(歯の前)に入れ、唇を閉じておさえます。ボタンが口から飛びだす寸前の程度の力で紐を前方にひっぱります。そして力をゆるめます。これを10回繰り返します。

もし、バネばかりがあるようでしたら、紐に引っかけて何グラムまでボタンを維持できるか測ってみてください。2kg以上なら優秀です(ボタンの大きさによって多少違います)。 筋肉を鍛えるために、この練習を継続的に行うと効果があります。

 

<5-2 リッププル>りっぷぷる
唇を引き伸ばします。 口を開けている癖のあったり小さい頃指しゃぶりをしていて出っ歯気味の人には、上唇の短い人が多いようです。唇が短くて楽器演奏時息が漏れたり力が入ってしまう人には効果があるかもしれません。

1. まず下唇の上に人さし指をのせ、下の前歯から下唇を離すように軽く押し下げ口を開きます。
2. 次に上の前歯を覆うように、鼻の下をできる限り長く伸ばします。そして休み、また伸ばすことを10回繰り返します。

6. ポスチャー 10分間


▲舌の先はスポットに!
普段舌を上顎に付けておく習慣をつけます。
上記で紹介した「1」〜「4」の練習後に、上の犬歯の後にストローを置いて歯をかみあわせ、口唇を軽く閉じます。 なるべくストローの力に頼らず、出来るだけ舌の力で上顎に吸い付けるようにします。くれぐれも舌の先はスポットに。
このまま10分間(またはそれ以上)そのままで。 テレビを見たり、読書をしたり、口をきかないで、出来ることをやりながらやってください。


10分間、舌の下にストローをはさんだままでいます。 レッスン1より時間が長くなります。
■レッスン回数の基準
レッスン2で紹介した、「1」から「5」までの練習を1日2回(2時間以上間隔をあける)、毎日2週間行います。

 

▲このページのトップに戻る