マウスピースができるまでのステップ

あなたのマウスピースができるまで

 

米国アライン社で製造されるマウスピースは従来型のブラケットとワイヤーを使用する矯正とはまったく治療法が異なります。

ワイヤーで歯を動かしていた従来型の矯正とは違い、少しづつ変化させたマウスピース(アライナー)で歯を移動させます。

マウスピースを作製するために「クリンチェック」というアライン社独自で開発した治療シミュレーションソフトを使用します。

最初の型どりをもとにデジタル化された歯列を再現し、それをもとにすべてのアライナーが自動的に製造されます。

マウスピースがどのような工程をへて製造され、海を渡りあなたのお口の中に到着するのか解説したいと思います。



 
Step 1 歯列、咬み合わせの型どり

マウスピース用の精密な印象材を用いて正確に歯型をとります。
1次印象、2次印象と計2回の歯の型どりをします。次に咬み合わせを記録します。
上下の歯の型どりは約10分〜15分で終了になります。

 
Step 2 治療計画フォームの作成

診査診断の結果と治療計画をアライン社に送るため、患者様個別の治療計画フォームを作製します。
それぞれの患者様にあった治療計画フォームを作成することでより実現性の高い治療プログラムができます。

 
Step 3 UPSにて米国へ郵送

歯型、治療計画フォーム、レントゲン写真などをケースに入れてUPSにて米国のアライン社に郵送します。

 
Step 4 米国にて3Dデジタル歯型の作製

アライン社で訓練されたプログラマーが日本から送られてきた印象(歯型)から光造形技術を利用してデジタル3Dの歯列を作製します。

歯面、歯ケイ部がトリミングされた3Dのデジタルの歯列はそれぞれの歯牙の分離、歯軸の決定をおこない独立して動かせるようになります。

 
Step 5 治療シミュレーション(クリンチェック)の作製

次にプログラマーは矯正医から送られてきた治療計画フォームをもとに理想的なアーチ、最終的な咬み合わせ、歯の動きをプログラムします。
プログラマーの作成した治療シミュレーションを実際に治療可能なものにするために矯正医がインターネットを通じて細かな指示を出します。
インビザライン製造の過程5-2

クリンチェックを用いて矯正医が歯の動きをチェックし、予測実現性の低い動きがあれば指示をだし修正します。

歯の動かし方、アタッチメントのデザイン、IPR、など、

矯正専門医の

マウスピース矯正の経験が治療結果に大きく左右します。

インビザライン製造の過程5-3
プログラムに予測実現性の低い歯の動きがないかをチェックし、あればプログラマーに指示し修正します。

最終的に予測実現性が高い治療シミュレーションできあがると患者様同意のもとでアライナーの作製に入ります。

 
Step 6 アライナーの作製

矯正医の承認を受けると米国の工場で製造ラインにそってオートマティックにカスタムメード型のマウスピースが

作製されます。

患者様一人につき2週間ごとに替えるアライナーが作製されます。
 


 
Step 7  お口の中に装着 治療スタート

無事に装着されたら、ここからが治療の始まりとなります。

ドクターは1.5か月〜3か月ごとにモニタリングを行い、シミュレーションと同じように歯が動いているかチェックをします。

予想したとおりの動きが認められない場合は補助矯正をはじめとする様々な装置が必要になります。


− 矯正専門医としての知識と経験が結果を左右する −

マウスピースは従来の矯正装置と比較して見えない、、痛みが少ない、取り外しができるという飛躍的な向上を遂げた未来型、次世代型の矯正システムであると言えます。まさに人類の叡智が結集した夢の矯正装置です。しかし、それと同時に治療方法も今までの矯正治療とは全く違う治療方法になりました。従来の矯正治療法を建築に例えると最初の段階にあたる設計から後の施工まで一人の矯正医によってすべて行われていたものが、マウスピースの場合は設計を矯正医が行い、施工をアライナーが行います。つまりマウスピース治療に重要なテクニックは設計にあたる診査診断と治療計画フォームやクリンチェックの作成であるといっても過言ではありません。治療結果はドクターのマウスピース経験によって大きく左右されます。
▲このページのトップに戻る